ウチの夫は仕事ができない3話の感想や見所!田所の読み方が鍵?感動した名言も

どうも、こんにちは!

数あるブログの中から、わざわざお越しいただきありがとうございます!

隆よしきですヽ(*´∀`)ノ

さて、本日紹介するネタはこちら!

ドラマ「ウチの夫は仕事が出来ない」

今回は、

「ウチの夫は仕事ができない」

第3話

今回も感想と見所、また心に残った名言など紹介していきたいと思います!

さて、あっというまに「うちの夫は仕事ができない」も第3話を放送し終えちゃいましたね!

以前、記事でも書きましたが「仕事に対する考え方」、「夫婦とはどういう姿であるべきなのか」、「人としてどういう生き方が理想なのか」、色々と考えさせられる面白いドラマだと思います。

「ウチの夫は仕事ができない」の過去記事はコチラ。

また、「ウチの夫は仕事ができない」を見逃している人は、Huluの見逃し配信で見られると思いますので、試してみるといいかもしれませんね♪
【Hulu】今なら2週間無料トライアル実施中

それでは、早速そんな本作について今日も掘り下げていきたいと思います!

それでは、いってみましょう!

第3話、あらすじと見所は?

物語も進んでいき、登場人物の出演数も増えてきて徐々に各々のキャラの個性が出始めてきた今回の3話。

今回、脇役の中からピックアップされるのはこの方。

藪宏太さん演じる

田所陽介

1話放送初日から「司をバカにする嫌味な後輩」として、2話においては「司の手柄を横取りする」という悪役に近い立ち位置のキャラとなっています(*_*;

第3話では、司と一緒にペアを組んで奔走するのですが、今回も相変わらずのヒールっぷりを魅せてくれます(笑)

それでは、ダイジェストの紹介!

長くなるので公式HPより持ってきました(;^ω^)

※以下、公式HPより転載。

司の上司、黒川昌が2話のラストで美人女性上司だった事に衝撃を受け、一人嫉妬心に苦しむ沙也加。

司(錦戸亮)が慕う先輩「クロカワアキラ」が男性だと思い込んでいた沙也加(松岡茉優)は、家まで司を送ってきた黒川(壇蜜)が美人女性上司だったことに衝撃を受け、一人嫉妬心に苦しむ。そんな中、アルバイトの面接を受けに行った近所のパン屋で、偶然店員として働いていた高校時代の元カレ・名取に再会する沙也加。司を自分と同じ嫉妬心で苦しませないため、元カレとの再会を秘密にすることに。

一方、土方(佐藤隆太)から、ショッピングモールの集客イベントの企画を出すよう言われた司は、沙也加とみどり(江口のりこ)の力を借り、10本の企画書を提出する。しかし、コンペを通ったのは本命を引き立てるために出したダメ元企画で、世界的デザイナーのレイジカキタニ(岸谷五朗)の協力を仰ぐものだった。司は一緒に企画を進めることになった田所(薮宏太)に文句を言われながらも、超多忙なレイジを捕まえるため奔走する。

デザインに2ヶ月の時間が欲しいというレイジに対し、田所は2週間後に迫った締め切りを隠し、とりあえず仕事の確約をとることを優先しようとする。しかし、嘘がつけない司は本当の締め切りを明かしてしまい交渉は決裂!そんな中沙也加は、名取との関係について司に嘘をついてしまう。

マタ友のあかり(イモトアヤコ)が話していた「ウソをつくと関係性が静かに変わる」という言葉に罪悪感を抱える沙也加は、夫婦間の微妙な変化に不安を感じていて…。

見所となる部分ですが、、、

物語冒頭から来ます(笑)

https://twitter.com/uchinootto_ntv/status/888535070922768384

毎度、恒例となっている沙也加の妄想ミュージカルですが、今回の妄想ミュージカルには、黒川も出演します(笑)

美人上司黒川昌役の壇蜜さんが惜しげもなく、そのセクシーなボディを披露します(´艸`*)

また、

1話、2話ともに司の仕事に対する真摯な姿勢や態度が周りに影響を与え、黒川からの信頼やクライエントからの信頼を得ている流れでしたが、今回もやはり、司の真摯な態度がレイジに心境の変化を与えます。一度、ダメになってしまった案件もモノにしていける程の魅力は一体どこにあるのか。

また、田所が自分の仕事に対する価値観を上司の黒川に対して話すも、バッサリと「その考えは二流だ」と、考えを改めさせられる部分もあり、ここで根底から考え方をひっくり返されていくシーンは個人的に好きな場面でした。

後で話させていただく名言についても、ここで出てきます。

ちなみに、後半の自宅パートで沙也加が、嘘はつけないし嘘は嫌いと言っていた司に対して「司に嘘をついてしまった事を誤る」シーンがあります。

ここは泣きポイントで感動のシーンだと思います(´;ω;`)

何回か見て思ったのですが、本作は笑い要素や泣ける要素、司パートと沙也加パート、非常にバランスが良く、観てて退屈しないなと思います。

そういった所を踏まえて繰り替えし言いますが、、、

ぜひ、本当に色んな人に観てもらいたい作品だと何回も言いたいです(笑)

スポンサードリンク

「田所 読み方」の検索が多い(笑)みんなは読める?

ちなみに、「ウチの夫は仕事ができない」で検索すると関連キーワードとして

「田所 読み方」

と、出てきます(笑)

検索されてる回数が多いのでしょう(+_+)

皆さん、正しく読めますか?(笑)

ちなみに、この「田所」という漢字の読み方ですが、

「たところ」

と読むのが正解。

ドラマ本編では、一回「たどころ」と呼ばれ、「たところです」と訂正するシーンがお決まりのシーンとなっています(笑)

第3話後半で、司が田所に対して「たところくん」と呼んだ際に激しく喜んでる様子を見ると本人は「たどころ」と苗字を間違えられる事をコンプレックスと感じていたのかもしれませんね(笑)

ちなみに、「たところ」と呼ばれた瞬間から一気に司に対する態度が変わったのもキーポイントです(笑)

第3話の感想は?

はい、来ました。(/・ω・)/

正直、ここが本題です(笑)

今回も見所満載となっている第3話。

まず、妄想シーンで出て来る壇蜜のセクシー感MAXダンスで悩殺!画面に釘付けであります(笑)

本来の黒川昌のイメージとはかけ離れた、セクシーな黒川昌が見れるのはこのシーンだけなのでは無いでしょうか(*_*)

壇蜜さん本来のセクシーなイメージをそのまんま映像化した様なシーンではあるので、観る人によっては冒頭のシーンだけだとなんの作品だか分からない人もいるんじゃないかと(笑)

一見の価値アリの貴重なワンシーンなので、ぜひ観てみてください!(/・ω・)/

また、物語の内容に至っても、前半では、土方や黒川の、ひとつひとつの発言から「仕事に対する考え方」として、「なるほど…」と頷ける部分も多く、後半では司と田所が和解する様な描写が描かれていたり、沙也加が司に対して本音でぶつかる事でわだかまりも消え、夫婦の絆が強まるシーンもあったり、今回も色々勉強させていただいたストーリーだったと感じています(´;ω;`)

今後も、色々と学べる部分はこういう様にドラマからでも、どこからでも学びたいですね!

このドラマ、名言が多いんです!

まずは、美人上司黒川昌の名言。

「嘘を嘘じゃ無くなる様な努力はしたのか。」

デザインに2ヶ月の時間が欲しいというレイジに対し、田所は2週間後に迫った締め切りを隠し、とりあえず仕事の確約をとることを優先しようとする。しかし、嘘がつけない司は本当の締め切りを明かしてしまい交渉は決裂。この後のシーンで、しょんぼりした顔で出社した司に対して、黒川が言った言葉。

確かになぁ、と思いましたねぇ(*_*;

「仕事をする」というのはどういう事か、その上でどの様にリスクヘッジを取っていくのか、確かにそういう考え方もあるな、という一言です(>_<)

次に、マタ友の町田あかりの名言。

「嘘は心の距離が離れる原因」

マタ友会で「夫に不倫があったら」という話題の中で出た一言。一度でも嘘をついたら関係性って静かに変わるんだから、と話すあかりの言葉に、司に対して嘘をついてしまった沙也加をさらに悩ませる事となります。

なるほど…( ˘•ω•˘ )

黒川2回目の名言。

「一流の仕事とは、信頼関係を築ける事」

嘘を付いてでも仕事を遂行し、引き受けてもらってから始める交渉の仕方だってあると話す田所に対して、二流と言い放ち、「一流とは?」という問いに対して、言った一言。

誤魔化しているだけで、そのやり方では二度目は無いと話す黒川。

確かに…(´;ω;`)

自分も、真摯に向き合い信頼関係を築いていける仕事をしたいと思います(。・Д・)ゞ

そして、司が話した、第3話最後の名言。

「優しさでついた嘘でしょ。それはついていい嘘だよ」

最後の最後に自宅パートで、沙也加が意を決して司に嘘を付いていた事を告白したシーンで、それを許容して沙也加に元カレが働くパン屋さんで働いてもいいと話すシーンです。元カレと会ってしまった事を司に黙っていた。それを司の事を思ってついた嘘だから全て許す。

つかぽん…、どんだけ良い人なんだ(´;ω;`)

ただのバカなのか、器の大きい人間なのか、紙一重ですが(笑)

さて、以上。

主観MAXでまとめた名言でした!!(/・ω・)/

さて、いかがでしたでしょうか。

本日はここまでとさせていただきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする