ミニスーパーファミコン発売日はいつ?ソフトや価格の予想!噂の真相は?

どうも、こんにちは!

数あるブログの中から、わざわざお越しいただきありがとうございます!

隆よしきですヽ(*´∀`)ノ

スポンサードリンク

さて、本日紹介するネタはこちら!

ミニスーパーファミコン(の噂)

さて、皆さん去年の11月頃にニンテンドークラシックミニファミリーコンピューター(略してミニファミコン)が発売されて、世間を騒がせたのは覚えてますでしょうか?

当時のファンから現代の若年層まで幅広い年齢層の間で話題になり、発売後すぐに完売、その後生産が間に合わず需要に対する供給が間に合わないせいか、2017年4月現在ではプレミア価格が付き、定価を上回る金額で転売がされる程の人気があったのですが、、、

なんと遂に任天堂公式サイトから

本商品は、一旦生産を終了しております。生産を再開する場合は、改めてホームページでご案内させていただきます

との発表がありましたΣ(・ω・ノ)ノ!

なかなかのびっくりの展開でして、もし、ここで完全に生産を打ち切った場合、異例のわずか6か月間での販売の打ち切りとなります。

そして、びっくりさせたのはその情報だけでは無いんです。。。

「新たに任天堂がミニスーパーファミコンを作ってる説」浮上。

「な・・・、なんだって!?」

という訳で、既に飛び交っているミニスーパーファミコンの噂やその真相などに迫っていきたいと思います(笑)

前置きがだいぶ長くなりましたが、、、

さっそくいってみましょう!(苦笑)

スポンサードリンク

ミニスーパーファミコン発売の噂がちらほら。

本題のミニスーパーファミコン発売の噂ですが、一体どこから流出したのか気になりましたので調べてみたら、どうやら2017年の4月に海外のゲームメディアのEurogamerから報道があったようです。

関係者からの情報らしいのですが、この情報に関しての任天堂からの解答は無いとの事です。

個人的にはファミコンよりスーパーファミコンの方が、思い入れがあるタイトルも多く、この報道が真実であるならば嬉しい情報なのは間違いないかな、と程々に期待をする管理人であります(*’▽’)

価格や発売日は?

ちなみに、信憑性があるのか正直微妙なところではありますが、ネット上の噂では2017年のクリスマスを狙った発売になるのでは?

という、噂が流れているようですね。

ミニファミコンの発売が2016年11月という所を考えると時期としては、「まぁ、ありえる」というレベルです(´・ω・`)

また、クリスマスに発売を持ってくる事で年末商戦の目玉機種として、売上を引っ張っていく程の話題性が十分にある機種です。

任天堂としては、ここに発売を間に合わせる事でマーケティング戦略としては成功に持っていければ、ひとまず大きな売り上げの確保が出来るという所を考えると有力な情報だと考えてもいいかもしれませんね(-ω-;)

また、ミニファミコンの販売価格5980円に対してミニスーパーファミコンの販売価格の予想ですが、ネット上では1万円くらいだったら嬉しいという声もありました。

このネット上での声に関しては管理人も同意です。

ミニファミコン人気の理由は、収録タイトル30本というボリューム感に対して本体価格、ソフト代込みで5980円というリーズナブルな価格だった

というのも、ヒットの大きな理由だと思います。

それに習って、次回のミニスーパーファミコンでも低価格での販売は大きく期待できます。

ただ、個人的には少し値段高くてもいいからもう少し収録タイトルの内容にはこだわってほしいと思います(´・ω・`)

そして、今回のミニファミコンみたく、商品の生産が間に合わず転売業者が暗躍する機会の場になる事だけは避ける様にお願いしたいですね(´・ω・`)

もしも、発売されるなら収録タイトルは?

ミニファミコンで収録されていたタイトルは全30種類でした。

どれを取っても名作ばかりで、当時ファミコンを遊んでいた人であれば、大体のタイトルは遊んだ事がある、もしくは聞いた事や見た事があるのでは?

今回は、そんなミニファミコンの後継機のミニスーパーファミコンが出た場合の収録タイトルの予想をしてみたいと思います!

それでは、ミニスーパーファミコンの収録タイトルの予想をする前に、ミニファミコン収録タイトルの傾向やジャンルなどをまとめてみたいと思います(‘ω’)ノ

■マリオシリーズ

  • スーパーマリオブラザーズ(任天堂)
  • スーパーマリオブラザーズ3(任天堂)
  • スーパーマリオUSA(任天堂)
  • マリオブラザーズ(任天堂)
  • ドクターマリオ(任天堂)
  • マリオオープンゴルフ(任天堂)

■ロールプレイング

  • ファイナルファンタジー3(スクエア)
  • ゼルダの伝説(任天堂)
  • リンクの冒険(任天堂)

※ゼルダシリーズはアクションロールプレイングとしてロールプレイングというジャンルに入れておきました。

■アクション

  • ドンキーコング(任天堂)
  • アイスクライマー(任天堂)
  • ロックマン2(カプコン)
  • バルーンファイト(任天堂)
  • 魔界村(カプコン)
  • ダウンタウン熱血物語(テクノスジャパン)
  • ダウンタウン熱血行進曲(テクノスジャパン)
  • ソロモンの鍵(テクモ)
  • アトランチスの謎(サンソフト)
  • 星のカービィ(任天堂)
  • パックマン(ナムコ)
  • 悪魔城ドラキュラ(コナミ)
  • メトロイド(任天堂)
  • 忍者龍剣伝(テクモ)
  • ダブルドラゴン2ザ・リベンジ(テクノスジャパン)
  • スーパーコントラ(コナミ)

■スポーツアクション

  • エキサイトバイク(任天堂)
  • つっぱり大相撲(テクモ)

■シューティング

  • グラディウス(コナミ)
  • ギャラガ(ナムコ)

■格闘

  • イーアルカンフー(コナミ)

次に、製作会社ごとにいくつのタイトルが入ってるかをまとめてみます。

  • 任天堂…14タイトル
  • コナミ…4タイトル
  • テクモ…3タイトル
  • テクノスジャパン…3タイトル
  • ナムコ…2タイトル
  • カプコン…2タイトル
  • スクエア…1タイトル
  • サンソフト…1タイトル

名作揃いという言い方も出来ますが、大人の事情を挟んでる様に見えるラインナップにも見えるのは、仕方が無い事なのでしょうかね(´・ω・`)

そして、社会現象を起こしたドラクエシリーズが入っていないのが非常に気になります(*_*;

現状、エニックスのソフトを入れるのが問題なのか、それとも容量の問題なのか、いずれにしても偏ったラインナップに感じるのは管理人だけでは無いと思います。

さて、ここからは期待の意味も込めたミニスーパーファミコンの収録タイトルの予想をしていきましょう!(‘ω’)ノ

※ただし、希望するタイトル全て書いていくとキリがないので、「こういうラインナップになるんじゃないか」という予想とキラータイトルとなるであろうタイトルのみ書いていきますね。

■収録タイトルの傾向の予想

ミニファミコンの収録タイトルの流れを見ると任天堂発売のタイトルは多めになってくる事が予想できます。また、ファミコン発売初期のタイトルも多めに収録されている所を見るとミニスーパーファミコンにおいても同じ傾向が予想できるのでは?

また、厳しい言い方をするのであれば、今回も偏ったラインナップになった場合、名作といわれるソフトも大人の事情で収録されない可能性が高いと思います。

以上を踏まえて、間違いなく収録されてるであろうタイトルは

  • スーパーマリオワールド
  • スーパーマリオカート
  • スーパードンキーコング
  • 星のカービィスーパーデラックス

ここらへんは間違いなく入れてくるでしょう。

もちろん任天堂のタイトルなので優先順位も高いはず。

  • ファイナルファンタジー6
  • クロノトリガー

ロールプレイングの枠はスクエアに任せる事を予想して、ここらへんから抜粋してスクエアからはここらへんが妥当かと思います。ただ、入るのかな…、ロールプレイングがファミコンミニでファイナルファンタジー3だけだった所を見るとなんとも言えないですかね(´;ω;`)

  • ストリートファイターⅡ
  • ファイナルファイト

格闘ゲームやアクションとして妥当な所をカプコンからは出してくるのでは?(笑)

まず、入ってるであろうソフトは恐らくこれぐらいです(笑)

ちなみに希望的観測としては、

  • ドラゴンクエスト5
  • ロマンシングサガ3
  • クロノトリガー

この3タイトルは入れてほしいですね、頑張れ任天堂!

正直、今回の記事は、スーパーファミコンに対して語りつくしても語りきれない思い入れがある管理人にとっては、会場を貸し切って数時間に渡って演説でもしないと語りきれないぐらいの内容でもあるのでここらへんでやめておくとしましょう(笑)

果たして噂の真相はいかに!?

さて、長くなりましたが愛すべきレトロゲーム達の魅力を後世に残すのも、きっと任天堂さんの仕事だと思っております(`・ω・´)

管理人の様なおじさん世代には、古き良き愛すべきクソゲーというのも人気を博しておりました。

そんなクソゲーを収録するのも良し、伝統の名作を収録するのも良し。

とにかく、任天堂さんには頑張っていただきたいと思うそんな今日この頃でございました(´・ω・`)

スポンサードリンク

さて、本日はここまでとさせていただきます!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする