天月がトモダチゲームに出演!イケメン歌い手の演技力の評判は

どうも、こんにちは!

数あるブログの中から、わざわざお越しいただきありがとうございます!

隆よしきですヽ(*´∀`)ノ

スポンサードリンク

さて、今日はニコニコ動画の歌ってみたシリーズを知ってる人であれば、一度は聞いた事があるであろう、この人のご紹介です!

人気歌い手の天月さん

2010年から動画投稿サイトであるニコニコ動画の歌い手として活動開始、爽やかな少年系ボイスで【歌ってみた】動画を盛り上げてきた歌い手。
2014年には、キングレコードからメジャーデビューを果たし、音楽活動をしながらも未だにニコニコ動画への【歌ってみた】動画は次々と新作が投稿され続けており、他の人気歌い手とも多くのコラボをしています。

歌唱力はもちろん、そのイケメンフェイスで多くの女性ファンから愛されている天月さん。

歌が上手いだけでなく、顔もイケメン。。。(´・ω・`)
身長は175cmあるそうです。。。(´・ω・`)

世の女性達にとっては、まさに非の打ち所がない理想的な男性像ですね!
そんな天月さんですが、最近は特に活躍の場を広げていて、勢いが止まらない様に見えます。

ニコニコ動画だけに留まらず多方面に活躍の場を広げる天月さん

ニコニコ動画内での人気はもちろん、天月さんは舞台での活躍やナビゲーション、声優業までされていて、もちろん音楽活動もボーカリストとして精力的に活動、ドラマからアニメまで幅広いジャンルでタイアップされてます。

歌だけでなく、舞台までもこなしてしまうマルチな活躍にはびっくりですよね。

以下、wikipediaから天月さんの出演舞台の抜粋。

  • 帝都華宵劇 – 秋月鳴海 役
  • 大人の麦茶第二十杯目公演 「シュガースポット」
  • 大人の麦茶の朗読の時間 「DAY IN A SUN~一日だけ日の目を見る日」(朗読劇)
  • 幻の城〜戦国の美しき狂気〜(2015年10月9日-18日) – 宇喜多秀家(少年時代)役
  • 虹色オーケストラ Music Story「透明のシンフォニー」(2016年12月29日・2017年1月7日) – トオル役

上記の舞台出演数を確信しても、意外と多くの舞台に参加されてる天月さん。
さすがといったところでしょうか!

スポンサードリンク

実写ドラマ&映画「トモダチゲーム」に出演、配役は?

2014年から「別冊少年マガジン」にて連載がスタートした漫画「トモダチゲーム」。

仲の良い高校生グループが高額の借金返済ゲームに巻き込まれ、疑心暗鬼の心理戦と頭脳プレーを駆使していくスリルあふれた世界感。そして高額を目の前にした人間達の赤裸々な本性が垣間見える様を描いた本作が2017年4月からドラマ&2部作映画で実写化されます。

この実写化されたトモダチゲームで天月さんが「トモダチゲームの案内人を務める謎の人形・マナブくん」の声を担当します。

拍子抜けした様なかわいらしい見た目とは裏腹に過激な発言を繰り返し、案内人ではあるものの、プレイヤー達の友情を崩壊させようと奔走するのが劇中でのマナブくんの役割。

この不気味で異質なキャラクターを天月さんがどういう風に演じるかも天月ファンにとっては見所のうちのひとつですね!

気になる演技力は…、これまでの舞台出演に関する評判も調べてみた

上述した通り、色々な一面を見せ、テレビや映画でも活躍が期待できる天月さん。そんな天月さんの演技力はどの様にファンの皆様には評価されているのでしょうか?気になったので調べてみました!

以下、twitterに寄せられたコメントを少し抜粋してみました。

  • 天月さんの縁起や歌どれも心に残ってます。
  • 天月さんの演技初めて見たのですが、自然すぎてトオルくんとして、見れちゃいました!
  • とっても楽しい時間をありがとうございました!!大好きが止まらなかったです。
  • 天月さんすごくかっこよかったです
  • 天月さんの歌今まで聞いてて初めて生歌きけてほんとにそのままの歌声で綺麗で最高でした!

等々、ファンの方々からの天月さんに対しての愛が強すぎて演技の内容に関する情報があんまり見つかりませんでした(笑)

ただ、悪い評価がほぼ出てこなかった事、また、演技に対しての高評価はどのツイートを見ても共通している事から歌唱力だけでなく演技力の高さも天月さんの魅力の一部というのは言うまでもなく伝わってきました。

これからの活躍に更に期待!

管理人自身も天月さんのファンですが「トモダチゲーム」への出演に関して、テレビや映画でも天月さんの活躍が見れる(今回は声ですが)のは、非常にワクワクが止まらない情報でもあったので、今回このような記事にさせていただきました。

また、今回の「トモダチゲーム」の実写化シリーズ主題歌「Mr.Fake」も、やはり天月さんが担当している為、こちらもまたどんな作品となるのかも、注目どころですね。

天月さんの今後の動向には目が離せないと思います!
スポンサードリンク

それでは、本日はここまでとさせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする