ジョジョのアニメ実写化が話題!配役や名言など色々まとめてみた!

どうも、こんにちは!

数あるブログの中から、わざわざお越しいただきありがとうございます!

隆よしきですヽ(*´∀`)ノ

スポンサードリンク

週刊少年ジャンプで絶大な人気を誇り、その連載はなんと1986年から18年間、ゲーム化やアニメ化などのメディア展開も多岐に渡って展開されてきた、荒木飛呂彦氏による人気漫画「ジョジョの奇妙な冒険」ですが( ̄▽ ̄)

最近ではモン○トに似たようなシステムでアプリ化されるなど、再び注目を浴び始めて、なんと2017年の8月には実写映画化もされその公開に対してはすでにネット上では賛否両論の声が殺到している程です。

今日はそんなジョジョの奇妙な冒険の実写映画にスポットを当てて記事を書いていけたらと思います。

そもそも、ジョジョの奇妙な冒険ってなに?

まずはここからですね、割と世界的に有名でもあると思われるジョジョの奇妙な冒険ですが、中には知らない人がいると思いますのでざっくり紹介していきます。

・人気漫画家の荒木飛呂彦氏による長編連載漫画。

1部、2部、3部といくつものパート構成がされており、物語はの19世紀末のイギリス。英国の青年貴族である主人公ジョナサン・ジョースターと、下層階級の出身ながら類稀なカリスマ性と野望の持ち主ディオ・ブランドーの抗争劇から始まる。

ジョースター一族と、邪悪な吸血鬼と化したディオや、その後継者達による争いが二世紀以上に渡って繰り広げられる昼ドラもびっくりのドロドロの群像劇。全部で8部構成。

パートが進むにつれて、主人公の世代や舞台となる場所が変わっていき、親から子へ、子から孫へ、のような流れで物語が進んでいく。

パートが進むにつれて戦闘手段が波紋と言われる特殊能力を駆使した肉弾戦から、自分の分身とも言える存在スタンドを駆使して戦う方法に戦闘手段が変わっていくなどビジュアル的にも、肉弾戦以外にも戦闘手段が広がり、主人公サイドと敵サイドの戦いに複雑な心理戦の様子が描かれたりなど、物語の魅力に加えて豊富な戦闘パートも魅力の内のひとつ。

余談ですが、ジョジョにおける作品の特徴として、そのキャラクターの覇気とか、動作や効果音を擬音として、そのまま字で大袈裟な程に表現されるのは有名です(笑)

主人公殴る時の掛け声も、やはり大袈裟というのもポイントです。オラオラオラオラオラオラ!の掛け声はもやは、ジョジョの代名詞ですね(笑)

◎実写映画版におけるストーリーの舞台は?

第4部『ダイヤモンドは砕けない』

を題材として、実写化された本作。

1999年の日本が舞台。第2部の主人公であるジョセフジョースターの隠し子の東方仗助が住む杜王町で、スタンド使いが杜王町で増え続けている原因を知らべ、町を守る為に町に潜むスタンド使いと戦いを繰り広げる。

スポンサードリンク

実写映画版の気になる配役は?

◆東方仗助役:山崎賢人◆

◆広瀬康一役:神木隆之介◆

◆山岸由花子役:小松菜奈◆

◆虹村形兆役:岡田将生◆

◆虹村億泰役:真剣佑◆

◆片桐安十郎役:山田孝之◆

◆空条承太郎役:伊勢谷友介◆

メインキャストは以下の7名です。

ビッグキャストが並び、ビジュアルも次々と発表される中、伊瀬谷友介さん扮する空条承太郎のビジュアルはまだ発表されていなかったので画像は用意出来なかったのですが、非常に気になるところですね!

—–(2017/3/1追記)—–

伊瀬谷友介さん扮する空条承太郎のビジュアルが遂に公開されましたので、追記させていただきました!

中々に渋い感じですね(笑)

メインキャストのビジュアルも、これで全員分公開されましたし、後はジョジョの世界観がどういう風に作られていくのか、期待に胸を膨らましていきましょう!

———————————–

何か、動きがあれば追記する予定ですのでよろしくお願いします!

ジョジョといえば、歴代キャラの名言!

映画とまったく関係ないんですが、やはりジョジョの魅力的な部分として、管理人のお気に入りとしては、登場キャラが様々な場面で繰り出す数々の名言ですね。

くだらないものもあれば、それは人生の教訓にもなってもおかしくない様な名言もあり、恐らく実写映画版でも出てくるであろう名言をいくつかその中から抜粋して、番外編として少し紹介出来ればと思います!

・だが断る

2ちゃんねるなど、インターネットでよく使われる事が多く、この言葉自体がなんの作品のセリフか分からずに使ってる人もいると思いますが、ジョジョ第四部で使われたのが最初です。非常にインパクトありますよね。

・そんなもの、ウチにはないよ

杜王町に一風変わったイタリア料理店『トラサルディー』を構えるスタンド使いのイタリア人の名言。一言、ではありますが非常にインパクトあります(笑)

・無敵の『スタープラチナ』で何とかしてくださいよォーッ!!!

東方仗助が物語終盤で吉良吉影に追い詰められた仗助が、承太郎に助けを求めた際に放った一言。この一言が読者に無敵のスタープラチナという印象を根付かせ、以降インターネット上で、ネタとなる事が多くなった名言。

まとめ

名言に関しては、ジョジョは本当多すぎて全て載せると膨大な量になるので、管理人のお気に入りの抜粋となりましたが(笑)

ジョジョの奇妙な冒険という作品自体のファンの数や人気も計り知れないものでもありますので、ぜひ実写化映画版でも成功を収めてファンの期待に応えて欲しいですね!

キャストさんの名演技に期待です!

スポンサードリンク

本日はここまでとしておきます。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする