【対戦型ボードゲーム】街づくりが楽しい♪街コロマッチ【アプリ】

はい!どうもこんにちは!あまりにも寒いので、天気が良いのに家に引きこもってしまう事が最近多い今日この頃(´・ω・`)

隆よしきです♪ヽ(´▽`)/

スポンサードリンク

今日はボードゲームアプリ

「街コロマッチ」

の紹介です♪

元々、サイコロとカードを使ったアナログゲームで、「街コロ」という名前で2012年に国内で発売され、その後に拡張セットとして同年に「街コロプラス」、2014年に「街コロシャープ」という名前でシリーズ化もされていて、日本国外でも発売され、海外展開をしていった後に、なんと2015年にドイツで「年間ゲーム大賞」にノミネートされた人気アナログゲームだそうです。

2014年にios向けでアプリ化したものの、同年にサービス終了。

しかし、2016年8月頃に再配信されたのが本作です。

■計算された戦略とサイコロの出目が大きく勝敗を決める奥深いルール■

ゲーム開始時、カードに記載された施設を手札として所持する事ができ、それとは別にマップ上にプレーヤーそれぞれの施設が自動で2つずつ建てられます。

マップは1~12の数字で合計12ライン。1ラインにつき5つの施設を建てられる様になっており、プレーヤーは順番にサイコロを振っていき、その出た目に応じて、施設がある場所の出目が出たらその施設の効果を発動。コインの増減が発生、相手からコインを奪ったり奪われたり、相手だけにコインの獲得が発生したり、効果は様々です。

自分のターンの最後に手札から一枚、好きな施設を選んで建てる事が可能。手札にある施設にはそれぞれ数字が振られており、その数字の書いてある場所に施設を建てる事ができます。

1ラインにつき、5つの施設まで建てる事ができ、通常の2倍のコインを払う事で相手の施設への上書きも出来る為、どの施設をどのタイミングで立ててコインを増やしていくかを駆け引きする事が重要となってきますね。

コインを集めていき、最終的にマップに目標数の「ランドマーク」と言われる施設を建てる事が出来たプレイヤーが勝利となります。

ネット対戦も対応していて、2対2の協力プレイで対戦出来ますので、対人戦でプレイする場合の心理戦もおもしろいところですよね♪

期間限定でご当地キャラと対戦して、限定施設やお助けキャラを獲得するイベントも、今は開催されています。


スポンサードリンク

以前、「街コロマッチ」を題材としたテレビ番組が放送されたり、漫画化もされたり、その様子からも人気っぷりが見えてきますね♪

しっかりやり込む事も出来ますし、なによりも対人戦が可能という点では息が長いゲームにもなっていくんじゃないでしょうかと思います。ボードゲームが好き、アナログゲームが好き、そういう人にはおすすめのアプリとなっていて、無課金でも十分遊べますので、ぜひ遊んでみてはいかがでしょうか♪

と、いうわけで今回は

対戦型ボードゲームアプリ「街コロマッチ」の紹介でした♪


スポンサードリンク

それでは、

皆さん素敵なゲームライフを♪ヽ(´▽`)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする