【BF1】各兵科について

どうも、こんにちは!

久々に、散髪に出かけたら白髪が増えていてショックでしたわ・゜・(ノД`)・゜・

はい!そんな今日この頃、隆よしきです!ヽ(´▽`)/


スポンサードリンク

さて、今日もこちらのゲームの紹介です。

バトルフィールド1(Battlefield1)

前回は、自分がやってみたゲームとしてメタルギアソリッド5との比較だったり、やってみて面白かったモード、コンクエストモードの感想とかでしたが、今回は兵科の紹介です。

いわゆる職業的なものですかね。

さて、この兵科と言われる物も種類が色々とありまして、

基本は

・突撃兵
・看護兵
・援護兵
・偵察兵

以上の4種類となっています。

他に、出撃時に選べる兵科として

・騎兵
・戦車兵、パイロット

などの、最初から乗り物に乗って出撃出来る兵科が存在します。

それぞれの兵科の特徴ですが、

まず突撃兵」

自分が使ってる兵科でもあります。メインウエポンが近距離戦に特化していて、ガンガン敵陣に攻め込んで敵陣をかき回す役割だそうで、オンライン対戦してると、自分みたいな初心者は友人からインカムで

「とにかく走って!!足止めるな!!ヽ(`Д´)ノ」

「そこ!早くやられすぎ!!ヽ(`Д´)ノ」

と、激を飛ばされる事が多々あるわけです・゜・(ノД`)・゜・

また、今作ではダイナマイトや対戦車地雷、対戦車ロケットガンなど戦車を倒す為の重要な役割を持つ兵科でもあるのも特徴の一つ。

自分は、ショットガンなどアサルトライフルで近距離戦を挑むのが好きなので、この兵科を選んでいます(´・ω・)

ただ、一般的には突撃兵は中級者向けと言われているのので、自分みたいな初心者には本来向いてんでしょうけどね(´・_・`)

理由として、近距離特化兵科なので、相手に近づけないと相当キツイ。これは自分も思う節があります。ガンガン相手に倒されます(笑)

ですが、やっぱ自分の好きなキャラ(?)を使って、しばらくは頑張る。これがゲームを楽しむ定石でしょうヽ(´▽`)/

いいんです。チームのみんなには迷惑かけますが、楽しめなきゃゲームをやる意味なんてないと、そんな持論を持って突き進むゲームライフであります、ええ( ´・ω・)


スポンサードリンク

さて、ちょっと自分の使っている兵科でもありますので長く話しすぎましたな…(汗)

残りの兵科はぶっちゃけ、まだ使ってないので使用感を書けないので、ちょっとwikipediaから抜粋します。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

看護兵

本作で新たに追加された兵科。主武装は半自動小銃。味方や自分の体力を回復させることのできる医療キットやアドレナリンを注射して死亡した仲間を復活させる医療注射器を所持できる。また、ライフルに装着できるライフルグレネードをアンロックにて使用可能。

援護兵

主武装は軽機関銃。機関銃の制圧射撃によって弾幕を張るという主な役割は前作と変わっていないが、ガジェットにリペアツール(レンチ)が含まれており、前作における工兵の役割も担う。その他、弾薬箱や迫撃砲、対装甲車両用のリムペット爆弾を所持可能。

偵察兵

主な武装はスナイパーライフル。遠距離から敵を狙撃することのできる兵科である。発射することで周囲を照らし、敵の位置をマップに表示させることのできるフレアガンや装甲を貫くことのできるK弾(徹甲弾)の他、地面に設置可能な各種ワイヤートラップ爆弾が使用できる。また、遮蔽物に隠れながら敵をスポットできる塹壕用望遠鏡や味方の頭部を模した狙撃デコイなど第一次世界大戦ならではのガジェットも登場する。

騎兵

今作で追加された兵科の一つ。軍馬に乗って敵の前線を攻撃する。機動力が非常に高く、一撃で敵を倒せるキャバリーソード(サーベル)や走りながらばらまける軽量対戦車手榴弾の他に弾薬ポーチと包帯ポーチを所持でき、オールラウンダーとも言える能力を持つ。騎兵でリスポーンした場合、勢力によるが他の兵科とは異なる将官風の外見となる。

戦車兵

パイロット戦車及び航空機を操る兵科。各ビークルでリスポーンした場合に自動的にこの兵科となる。ビークルを降りた際の主武装はハンドガンまたは短銃身ショットガン。フレアガンとリペアツールを所持可能。また、前作まで全ての兵科に標準装備されていたパラシュートがパイロットに限定され、さらに自機から脱出する際のみ使用可能となった。

(以上、wikipediaより抜粋)

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

と、まぁこんな感じです。

一応、一般的に初心者向けと言われているのは、

・看護兵
・援護兵

以上の二つの兵科だそうです。

とにかく、味方の後ろをついて行って、味方を回復させたり弾薬の補給をしたりして、味方の補助をしていく訳ですね。

チームに対しての貢献という意味では、初心者でもしやすいって事なんですかね(´・ω・`)

さて、今日はここまで♪

スポンサードリンク

次回は別のゲーム紹介でもしましょうかね(ノ∀`)

自分自身もBF1に慣れてきたら、またBF1の記事を更新するとしましょう♪

では、みなさん素敵なゲームライフを♪ヽ(´▽`)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする