【BF1】初心者的視点から見たバトルフィールド1

はい、どうも!

こんにちは!ヽ(´▽`)/

スポンサードリンク

正月モードがなかなか抜けず、そろそろ運動でも始めて、身体にムチを入れないとなぁ、なんて、そんな今日この頃な隆よしきです♪

さて、今日のゲーム紹介も前回に引き続き

バトルフィールド1(Battlefield1)

こちらのゲームですね、前回はゲーム購入までの流れを書きましたが、今回はこのゲームのオススメポイントを紹介していきます。

とは言っても、あくまで私の個人的見解ですし「ここは、そうじゃねぇだろ(゚Д゚)ノ」等、所々あるとは思いますが、これからも、そう言ったところなどに関してはお見逃しをお願いできればと思いますm(._.)m

さて、前回の記事でFPSデビューをしたのがこのバトルフィールド1(以下、BF1と略します)と書きましたが、実はこのゲームの前に購入していたゲームがあります。

その名も、

メタルギアソリッド5ファントムペイン

こちらはFPSではなく厳密に言うとTPSというジャンルになります。

基本的に三人称の視点で、自分の動かしてるキャラクターが常に見えてる状態での操作になり、銃を構えたりする時には主観での視点になります。

こちらも友人のプレイを見てる分には非常に楽しそうに見えて、自分自身購入した訳ですが、難しかったですねぇ。なかなか、見るのとやるのでは、やっぱ全然違うんです。何もせずに倒されて、何もせずに倒されてを繰り返し、気づいたら既にやらなくなっていたという(笑)

それでもいい経験にはなりましたけどね。スポーツもそうですが、やはり、観戦するのと自分でプレイするのは違う物で自分はこのジャンルに限っては観戦する方が圧倒的に好きだったと、そういう結果になったわけです。

で、FPSデビューしたのがBF1。

しばらく、この手のアクションゲームからは離れていたのですが、このゲーム。なかなか面白くて、FPS初心者の自分にとっては、嬉しい要素が多いんですね。

基本的に、どのユーザーさんもこの手のゲームってほぼオンラインでの対戦を重要視する人が多いんですよね。その際に、もちろんチーム戦になる訳ですが、相手は大体の場合は割とガチです。

なので、初心者の場合、

①どうしよっかなぁ(ウロウロ)→「パァーン!!」(遠くの方からキレイに頭を撃ち抜かれる)

②このままじゃ、ダメだ!!動け!動け!動け!→「パパパパァーン!!」(敵と遭遇してあっという間に蜂の巣になる)

③もうダメだ、とりあえず隠れてよう→「シーン…」(もはや、ゲームに参加する意味はどこへ。。。)

みたいな感じになるんですよ(´・_・`)

スポンサードリンク

ただ、このBF1の場合、ある程度操作になれてしまえばチーム貢献出来るモードもあります。もちろん、敵が倒せれば楽しいので同時進行で練習もしますけどね(笑)

で、そのモードがこちら。

コンクエストモード

「バトルフィールド」シリーズの定番として長く愛されてきたモードだそうです。いわゆる陣取り合戦みたいな物ですが、なんと最大で64人(32対32)で対戦可能!いくつか用意されているお互いの拠点を取り合うのですが、どうやって取り合うかというと至ってシンプルで「相手の陣地に足を踏み入れて一定時間の間、占拠し続ければ奪取(ただし、相手の陣地を奪取する際に陣地を踏んでる味方プレイヤーより敵プレイヤーの数が多い場合は占拠出来ない)。とにかく、少しでも多く相手の陣地を奪いにいける事が重要なんですが(´・ω・)

場合によって、味方が強ければ、その後ろをついて行って弾薬の補充をしてあげたり、体力の回復や蘇生をしたり、陣地をひたすら踏みに行くだけでもチームに貢献出来るんですね。

このコンクエスモードが個人的にはなかなか楽しい♪特に、知り合いにこのゲームをやってる人がいればskypeとかLINE通話なりで通話をしながらお互いに連携を取れれば、なお楽しいですね♪

こんな感じで、FPS初心者にも結構オススメのポイントが多いので「やってみたいけど、どうしよう」とか悩んでる方は「僕と契約して、魔法少女に(ry」

では、無く(;´д`)

僕と一緒にFPSデビューしてみるのもアリなんじゃないでしょうか♪

では、思いのほか、結構記事の内容が長くなってしまったので、今日はここまでにします♪

BF1には選べる兵科(役割・職業みたいな感じ?)が複数あり、そういったところについても今後、記述していきますね♪

スポンサードリンク

では、また今度ヽ(´▽`)/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする